カード偽造団摘発! 被害は10数億円に!? 2005.01.19

ゴルフ場の暗証番号付き貴重品ロッカーから銀行のキャッシュカードを盗み、スキミングの手口で偽造カードを作り口座から預金を盗み出す事件が首都圏で相次ぎ、警視庁など捜査当局は、中国人と日本人の大掛かりな偽造グループに対し、19日にも一斉に強制捜査に乗り出す方針を固めた。

スキミングでの銀行カード偽造をめぐる摘発は全国で初めて。
被害は確認されただけで3億円、最終的には10億円以上になるとみられ、犯罪組織がカード社会の弱点を巧妙に突いている実態があらためて明らかとなった。

強制捜査を受けるのは北関東の名門ゴルフ場など。
このゴルフ場では関係者がグループの手引き役として関与した疑いがあり、詳しく事情を聴く。

(共同通信より)