外国人犯罪、過去最多-カード偽造が急増 (2005.02.24)

2004年度の来日外国人による犯罪に関して
犯罪検挙件数 : 47,124件 (前年対比で16.0%増)
検挙人員 : 21,842人

共に過去最多となった。

この内、クレジットカードのスキミングなどカードの偽造犯罪は、2003年度より94件増え、252件となった。
カード犯罪単独で見ると6割も増えた事になる。

今年に入って、銀行も相次ぎICカード化への移行の発表や補償制度についての議論も行われてきているが、自分たち自身でスキミングなどのカード犯罪が身近で起こりうる問題として認識し、自分たちでできる対応は何があるのかを考え、取り入れていきたい。