偽造カード被害の9割は関東で! (2005.02.22)

金融庁の偽造カード被害の実態調査の結果が22日公表された。

調査結果の主な内容
・被害件数-28件、被害金額8億300万円
 ⇒2000年4月~2004年9月末
・上記のうち9割が関東に集中
・被害額が1000万円を超えた案件が49%
・深夜(23:00~5:00)のコンビニでの不正払戻しが25%
・暗証番号が生年月日や類推できる番号が、41.3%

尚、上記の被害者のうち全額補償が受けられたのが、5.3%、一部補償が3.4%である。