スキミングの歴史

【スキミング犯罪の起こり】

この犯罪行為は、プラスチック製の磁気カードにより、様々なサービスが提供され始めた1960年代後半より発生の可能性が指摘されてきた。

ただ当初は、大規模な施設がないと複製が困難である事から、これら犯罪は大規模な組織によるものとされてきたが、1980年代に入ると急速に電子技術が発達、末端の機械マニア程度でも簡単に複製カードを製作できるようになってしまった。

特に当初の磁気カードには、暗証番号データも書き込まれていたため、カード情報を読み取って解析する(一時期には使い捨てカイロに入っていた鉄粉と肉眼で書き込まれた情報を読み出す事も可能だったという)事で、銀行口座から預金が盗まれる被害が続発した。

【スキミング犯罪への対応】

しかしこうしたカード窃盗被害が増えてくると、カード供給側も対策として、暗証番号データをその都度サーバー側に暗号通信で照会する方式に改め、またカード盗難の届け出からカード停止を迅速に行うため、24時間活動するカード専用電話窓口を設けるなどして対応した。

またATMやキャッシュディスペンサー等の、直接的に金銭を扱う装置では、カメラなどの撮影装置を組み込み、機器利用者の写真や映像を常に撮影し続ける事で、カード窃盗やスキミングによる被害が報告された際には、問題のカード利用者の容姿を警察側に証拠提出できるような対応策を取りはじめカード窃盗は次第に減っていった
※これは銀行外に設置されたATM・CDでも同様。

【犯罪者側の進歩】

しかし、スキマー等の装置が、技術的な進歩によって小型・高性能化が進んでしまい、また磁気カードへの書き込み装置に関しても大量に闇で出回るようになり、スキマーにデータを大量に保持する機能が搭載されてきたため、近年のスキミング犯罪では一度に大量の被害者を出すケースが増えている。

特に大規模なスキミング窃盗団も度々捕まっており、国際的な問題にも成っている。

【90年代のスキミング犯罪】

とくに1990年代より、東南アジア方面での旅行者を中心に、身に覚えの無いクレジット利用の請求が届く事件が多数届け出られた。

調査の結果、飲食店や土産物屋などでクレジットカードを利用した際、店のレジに設置されたクレジットカード読み取り機にスキマーが組み込まれており、これによって偽造カードを作られていた事が判明した。
この背後には同地域に大規模な偽造カード集団が有ると見られており、近年では欧州等の旅行者の中にもスキミングされ、東南アジア方面で偽造カードを不正利用されるケースもあり、関係各国では観光産業に打撃を与えるこれら犯罪に、大規模な捜査を行い末端組織を摘発しているが、根本的な解決には到っていない模様である。

【近年のスキミング犯罪】

近年では、都心を中心にスキミングによって作られたカードを使用して銀行口座から金銭を騙し取る行為が続発、警視庁と神奈川・千葉・埼玉・静岡の各県警が協力して捜査の結果、ゴルフ場のロッカーを中心にロッカー荒らし(ただし通報を遅らせるため、中の金銭・貴重品には手を付けない)とスキミングを繰り返していた集団を2005年1月19日に一斉捜査に踏み切った。同集団らは、ロッカーに盗撮カメラを設置、ロッカーを利用者が使用する所を撮影し、この操作を元にキャッシュカードの番号を推察してスキミングで作成したカードを悪用したと見られている。特に被害者が裕福である場合が多かったため、被害規模は数億円に及ぶと見られている。

【近年のスキミング対策】

この対策として、1日の引き出し限度額に制限を加えたり、、また偽造が困難であるICカードに切り替えるなどの対抗策をとっている他、比較的他人に知られてしまいやすい暗証番号による本人確認手段を廃し、生体認証による「簡単に盗まれない本人確認手段」を導入する所も出てきている。