スキミング対策 其の弐

暗証番号の管理

キャッシュカードはクレジットカードに比べ、スキミング被害に遭いにくいです。
それは、ATMから自分の預金を引きおろそうとしてもスキミングした偽造カードだけでは不可能だからです。

と言うのも キャッシュカードの暗証番号は、銀行のコンピュータの中にに入っており、カードの中には、その他のカード情報しか入っていないのです。
ですから、カードから情報を盗んでも暗証番号が分からないので被害に遭いにくいというわけです。
だからといって、絶対に被害に遭わないわけではないので、やはり十分に注意が必要です。

偽造カードに関しては、カード所有者側での技術的対策は取れませんので、もう一つのキーとなる暗証番号の管理が重要なポイントになります。

犯人は、あなたの暗証番号が知りたいのです。
だからこそ誕生日・住所・電話番号・簡単な連番など、犯人が推測しやすい暗証番号は避けるべきなのです。 また、最近では銀行のATMでもキャッシュカードの暗証番号の変更が行えるようになってきています。

適度に暗証番号を変更していくようにしましょう。