スキミング対策 其の四

危機管理意識を持とう!

スキミング被害の急増により多くの銀行でキャッシュカードを利用したATMでの出金の限度額に制限を設けるようになりました。現在の磁気テープのキャッシュカードからICカード化したり、生体認証が必要なキャッシュカードまで発行されるようになってきています。

しかし、それだけでスキミング犯罪はなくなるのでしょうか?
確かに色々な対策で、一時的に犯罪が減らせると思います。
それに対応する方法で新たな犯罪手法が生まれてくるはずです。

一番大事なことは、

私たち自身が、もっと危機管理意識を持つこと。

カードを発行しているクレジットカード会社や銀行にだけ『セキュリティをしっかりしろ!』と求めるのではなく、そのカードを利用している私たち自身も自分たちにできる対策をとって、共に安心して利用できる環境を作っていく事が大切だと考えます。